『汗をかかない!?』登山が理想

こんにちは(´∀`)takamintです!今回は登山中の汗について、書いていこうと思います!理想の登山スタイルに、汗をかかないで登るっていうのが有るんです(´∀`)私の中で^^;そんな事出来るか!って突っ込まれそうですね〜!



その通り!おっしゃる通り!汗はかきます!絶対かきます!慣れないうちはやたらとかきます^^;

今回書こうと思っている内容は、冬場の話。そうです寒い時期は汗が後々とんでもない事になるのです!



春から夏、秋は高い山でなければ、少し肌寒い程度か逆に汗が蒸発して、とっても気持ちいい!ってなりますよね?

アレはもちろん、気化熱で、体の熱を汗が機体になる際に持って行ってくれるから、涼しく感じたりするんです(´∀`)



そもそも涼しく感じるではなく、涼しくなるのですが^^;

しかし、冬場はどうでしょうか?汗が風に冷やされると、恐ろしい勢いで体温を奪って行ってしまうのです!

急激な体温の低下に、体は緊急事態だって事で、震え始めます!震えが始まると、体温を上げる為、体力を使います。

休憩のはずが、逆に体力を奪われる事になりかねません。そこで必要な事!汗をかかないで様に登るのです(´∀`)

汗を極力かかないで登れれば、気化熱に体温を奪われる事がありません!さぁ!ではどの様にするべきか、考えていきましょう!

やはりペースが大事!

慣れないうちは、やたらとペースが上がってしまい、汗はかくし、休憩は何回もする!なんて事がよくあります。しかしこれでは非常に効率が悪い!

運動による熱が、休憩で奪われる。更に汗をかいていれば、更に多くの熱が、気化熱によって奪われる。

冬の山が危険な理由の一つですね!暑い時期とは違います。こんな時は、我慢です!ゆっくりと歩くのです(´∀`)

当たり前の様で、なかなか出来ませんよ!ただゆっくり歩くのではなく、ペースを一定にして、汗を感じながらペースを変える。

汗かきそう!ってなったなら少しペースを落とす。寒いかなぁ?って思えるなら、少しペース上げてみる。大したことでは有りませんが、出来るか出来ないかで体力の消耗が違いますよ!

出来る限り心掛けて、歩いて行きましょう!パーティーの場合は難しいのですが、リーダーは皆んなの状態を確認しつつ、ペースを考えていきましょう!

歩き始める時、着込みすぎない!

もちろん、朝の早くから登山はスタートします。その為外気温も低いですよね?だからといって、自分が持っている最大の衣類で、パンパンになったまま登ったのでは、一瞬で汗だくです^^;

登り始めから、少し寒い!もしくは寒い位で登り始めても、直ぐに体が温まり、発汗が始まります。でも、その程度の服装であれば、汗が登りながら蒸発して、

汗を掻く→乾くの繰り返しで、汗ダラダラってほどにはなりにくいのです。

もちろんインナー等は速乾性の物で!

先ほどの様に、汗が乾かない事には始まりません。温めつつも速乾性が有るインナーを選びましょう!

タイトルとは大きく異なってしまいましたが、汗はかきっぱなしにしない事!これが汗冷えしない鉄則です!万一冷えてしまい、どうしようもない時は、必ず下る事です!下るだけでも、体は熱を発生させてくれますので!

今回の重要点は、

ペースを一定に!焦らない!


歩き始めの服装に注意する!


汗をかいてもすぐに乾くように速乾性のインナーを!

これを注意し、登山に役立てて下さいね!

それではまたぁ〜(´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA