登山での『出会い』について考えてみよう。色々なタイプの人がいるから無理やり声掛けは禁物?

こんにちは!takamintです(´∀`)
今回は、登山中の『出会い』について書いて行きたいのですが…

出会いってあるのか?

出会いと言っても色々ですよね?

そもそも『男性と男性』なのか『女性と男性』『女性と女性』なのか?です。

中でも、気になるのはやっぱり『女性と男性』でしょうね〜。

もちろん私は結婚してますし、子供もいます。

ですから恋愛対象として見るわけにはいかないので有ります!そもそも私に魅力が有りませんので無理です!

と言いますか、基本1人がいい人なのです。(言い方を変えればネクラなのかもしれませんが…)

その為なのか、こちらから声を掛けることは挨拶以外ないのです。

話しかけられれば話す程度で、仕事とは裏腹(仕事は営業なので)に喋らない人なのです。

これには多分理由があって、仕事で散々話すのに、プライベートでも話すのか?みたいな感覚があるのだと思います(^_^;)

登山自体も、グループ登山も無くはないですが基本単独が多いのです。

そこで今回の内容である『出会い』について語って行きたいと思います。

内容的には『登山中の出会い』って事なので、日常的な内容ではないでしょうが、気になったら見ていって下さいね!


出会いと言ってもそうそう無い!

まず、登山をする人々は色々な思いで登っています。

絶景を自分の目で見たい!

とか、

大自然が大好きだ!

とか。

写真を撮りたい!

って言う、

私のような趣味の方も多いと思います。

 

余談ですが、登山はあくまでもスポーツ的な感覚ですけど、例えばマラソンに近いのかな?って個人的には思います。

その為、登るって言う行為はかなり危険を伴うことも有りますし、体力も使います。

そんなゼーゼー言いながら登っている最中で正直なところ、

声をかけて来ないでくれ!って事も有ると思います。

慣れている方と慣れていない方が歩きながら会話。

慣れていない方からすると拷問ですよ?

出会いを求めたいからって、声を掛けるのは、せめて休憩中くらいにしましょうね!


そこでどう言うタイミングで出会いが有り得るのか?ですが、有りそうな事を何個か書いてみます。

・追い抜いた後又は追い抜かれて山頂にて再会。そして意気投合。


・山頂で声をかけたり写真を撮ったり撮ってもらったり。して意気投合。


・山頂であって下山後。でばったり再会。話をしていて意気投合。


・テント泊や小屋泊での食事中。話をしていて意気投合。

 

簡単なところでこんな感じ?
出会いを求めている訳では無いので思い浮かびませんが。

ほぼ毎回有るのが、登山中に追い抜いて又は追い抜かれて山頂でまた会う。って事。だいたい毎度有りますね。

後、登頂を果たした後は、写真も撮ったりしますので、ここでも出会いとしては有り得るかな?

あまり無いですが、下山後にまた会うって言うのはあまり無いかな?

終わったら準備して帰っちゃうので、のんびりして帰る?ってのはあまり見ません。

出会いとして1番有り得るかな?っていうのが、テント泊や小屋泊。

登山のテント泊や小屋泊はかなりゆったりとした時間を過ごす事になります。

我が家であれば、いつもならTVを見ていたり、youtube友達とLINEなんて事も多いですよね?

しかし今は山の中です。TVはもちろん。携帯の電波が入らない事もしばしば。

そんな中での楽しみは、泊地周辺の探索や、非日常的な静けさ。時間のゆっくりした流れを感じたり、心行くまで仲間達との会話など。

好きな人にはたまらない時間が待っています。

その中で出会いを求めるって言っても、要は『付け入る隙がない』的な感じなのではないでしょうか?

そもそも女性から男性へ声を掛ける。って言うことはあまりないと思いますし、

(時々声をかけられますが、写真を撮っているので、あの辺が綺麗ですよ〜みたいな事は有りますが…)

ソロ登山をしている女性は多分ですが、『1人が好き』な方がほとんどだと思います。男性もそうですが…

もちろん勝手な私の感想です。

しかしですよ?私もそうですが、1人で登るのは何かしら理由はあるのです。

そこへ無理に声をかければ、まず間違いなく警戒されますし、そもそもマナー違反だと私は思います。(あくまでも無理に声を掛ける事はですよ!)

挨拶程度はいいのでしょうけど、がっつり話しかけられるのは、あまり良い気がしません。

そもそも、ワイワイしたい方々は、グループ登山で間違いないです。気の知れた仲間と登ると思いますよ?

もちろん、そうしたグループと仲良くするのなら良いと思いますが、出会いを求めたいなら平地の方が良いですよ?

あっ!あくまでも、出会い目的で登山をするのは見当違いじゃない?事ですので悪しからず。

世の中分からないですけどね〜。


とは言え、登山からもしかしたら結婚!なんて事は十分に有り得る話だと思いますし、実際結婚された方々もおられると思います。

もし、登山がキッカケで付き合ったり、結婚って事になったら、最高だと思います。

まさしく、2人だけでなく子供も一緒に登れますから。

大袈裟かもしれませんが、一生物です。

私もそうであれば良かったって思いますよ(´∀`)


・色々書いたけど結論はどうだろう?

流石に『男性と男性』『女性と女性』の出会いであれば意外と簡単に、山仲間が出来ると思いますが、男性と女性となるとハードルはかなり上がりますよね〜。

男性であっても私みたいな人間は別に出会いを求めていないので…求めているのもが違うんですよね〜。

そんな中での、絶対に気をつけて頂きたいと思う事。

これだけは言わせて下さい。

良かれと思った事が、大きなお世話!になってしまわないように。

・無理に連絡先を聞かない!無理に話し続けない!

コレはやっちゃダメですよね〜。男同士・女同士なら別に良いですが、男性から女性へのこの行動は大きな間違いだと思います。

グループ登山中の方々ならばまだしも、ソロ登山の方への連絡先の強要は、正直脅迫に近いものがあるのではないでしょうか?

体力的に圧倒的な男性からそのような無理強いは絶対にしてはいけません。

っていうか、普通しませんが…

山が好きで登っているのに、そんな事の為に登らなくなってしまうなんて事があっては駄目ですからね!

女性だけではなく、男性同士でもそうですよ?お互いの距離感をキチンと把握しましょうね!

大変申し訳ないが、結構年配の方に多いのは、話し続ける事。

色々な情報を話してくれるのは良いです。

自分の武勇伝を語るのも良いです。

長いんですよ〜(*´Д`*)

私はゆっくりのんびりしたいんですよ〜。自由に写真を撮りたいんですよ〜!

って具合に、一人一人感じ方は違います。

自分は話すのが好きだから!色々話したい!って気持ち分からなくはないですが、こんな気持ちになっている人もいるって事を覚えておいて下さいね!

もちろん年齢に関係なくですよ?

結局のところ、山で出会いは難しいのではないか?ってことかな?

無理ですって事はないのですが、軽く連絡先を伝えておいて位までかな?後は待ちです。

そもそも出会いを求めるなら、Twitterとかで声かけすれば良いんじゃないでしょうか?

どこどこに登るんですが、ご一緒にいかが?みたいな。

グループで知らない方々と登るのは、準備の段階からしてあまりお勧めしませんが…


最後に紹介です。

私がよく見る登山系のブログを書いている方で、登山の楽しみ方を色々勉強させてもらっている方。

ちなみに今回の内容のきっかけは、下のブログの内容から、そりゃそうだよね!って事がキッカケです。

『月山もも』サンです。
女性一人旅ブロガー。
HatenaBlogで『山と温泉のきろく』と言うブログを書いておられます。

そもそも紹介って私なんかよりは間違いなく知名度が高い人でしょうけど(^_^;)

けっして女性だから見てるって訳ではなく、本当に楽しんでおられる方だなぁって思いますよ。

もちろん、私なんか比べようもないくらい経験値やらは多い方ですから、足元にも及びません。

そもそも紹介って恐れ多いですが、今回のブログの内容にもぴったりな女性目線な内容です。もちろん女性の方なので、もしも見た事ない人がおられたら、色々勉強情報を得る事が出来ると思います。

男性諸君!これ見てみ〜!女性はこんな風に思っている人もおるんやで〜!

って事で。なぜかここだけ関西弁。な私ですが。

それではまたぁ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA