三峰山へナイトハイク『登山』(後編)

こんにちは(´∀`)takamintです!今回は前回ナイトハイクを行った、三峰山ナイトハイク『登山』の続きです!

それでは続きです(´∀`)

八丁平からの朝日

八丁平にて撮影しながら、いつもお決まりの飯!『カレー飯』お湯を注いで約5分で完成です!

八丁平

いつもはゆっくり食べるのですが、今日は流石に寒い!風が強い!震えながらの食事は久し振りでした(^_^;)

食事を終えて、帰る支度をしてると、敷物が凍り付いてました。風の直撃はなんとか木の根っこ当たりでましでしたが、そもそも気温が低いのでしょう。仕方ないですよね。

片付けも終えて、取り敢えずもう一度山頂へ。さっきは暗かったので、再度写真を撮るために、来た道を戻ります。

降りた時は気にしませんでしたが、登山道に所々に氷の柱が見えてます!なかなか見る事が出来ないものですよね〜。

八丁平から三峰山までの登山道
地面との間に氷の柱が

山頂までは直ぐに到着し、早速撮影開始です(´∀`)日が出て来ましたので、感度は低めで撮る事が可能です。

決して写真を撮る事が上手いのではないのですが、この景色を見る事、撮る事が好きです。

三峰山山頂付近
三峰山から曽爾高原方向

こちらの山頂からは曽爾高原方向が見渡せるので、あの山が〜って考えながら見てました(^_^;)

しばらく写真を撮ってから、そろそろ下山しようかってところで、第1登山者発見です(´∀`)朝仲間ですかね?

多分霧氷を目的に来られたのだと思いますが、残念。ほんの少しだけ、木の枝へ付いているだけでした(^_^;)

小さな霧氷?

さて、では下って行きます。雪があるため、登りよりも十分気を付けて下ります。固まってはいませんが、滑れば一巻の終わりです(^_^;)

今思えば、アイゼン付けて練習しとけば良かったです(´∀`)しかし、私の手が限界でした(^_^;)ちぎれるかと思う程、寒かったです!

その為、他の事に気が付きませんでしたね〜。まぁ仕方ないでしょう!

下りの途中もビューポイントが有ります。登る時に見つけて、後で立ち寄ろうって思ってました。山頂からと同じように景色が望めます!

山頂までのビューポイント

写真を撮ったり、ゆっくり下ったりとなにやら忙しかったですが、楽しいですねぇ!やめられません(^_^;)

ついでに情報までに地図の避難場所、に付いて書いておきますね!

山と高原地図より
避難小屋
避難小屋内部

中はこんな感じで、万一何かあった場合はこちらに避難しましょう!少しだけ高台になってますが、不動の滝ルートから上がってくると、ここに到着するはずです。

なかでは食事も焚き火も出来るようです。囲炉裏もあり、なかなかいい感じですよ!夏場は雷避けに使いましたね〜(^_^;)

それでは続きです。後はひたすら下りです。前回はこの不動の滝ルートから登ったんですよねぇ〜(´∀`)あの頃が懐かしいです!

しかしこっちのルートの方が急ですね。今回登ったのは、登り尾ルートでしたから、比べるとそんな感じがします。ルート選択は合っていたみたいですね!

不動の滝(横から)

ようやく滝の音が聴こえて来ました!不動の滝ですね!そこそこな滝ですよ!雪解け水が多いのでしょう。水量も有りましたね!横の方は凍ってました。

滝横の氷

前から登山者の方々が、橋が凍ってるから気を付けて!って声を掛けて頂きました。本当にガチガチに凍ってました!冬場は十分気を付け下さいね!

不動の滝

さぁ登山道はほぼ終わりです!後は来た時のアスファルトの道ですね!写真撮り忘れたのですが、こちらの分岐点にはトイレがあるようです。

分岐点(森の中が不動の滝ルート)

ふと見ると、トイレマークがあったので多分そうだと思います。

★正しい情報かどうか分かりません。注意して下さい!

この時間帯になると、今から登られる方々が多くなって来ましたね!皆さんお気を付けて!って言うわけではないですが、こんにちは〜って挨拶しながら駐車場に到着です!

ガラガラだった駐車場も結構9時頃には一杯でしたね!登られる際は早めの行動ですね!それでは今度は霧氷を是非見にきたいものです(´∀`)

www.vill.mitsue.nara.jp
 
三峰山 - 御杖村観光情報
http://www.vill.mitsue.nara.jp/kanko/sizen/yama/01.html
歴史のロマンと自然の恵み溢れる奈良県宇陀郡御杖村の公式ホームページです。暮らしの情報では御杖村の行政に関する情報が、観光情報からは御杖村の施設や自然に関する情報がごらんいただけます。このページは三峰山のページです。

それではまた〜(´∀`)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA