登山で手袋(グローブ)は必要か?

こんにちは(´∀`)takamintです!今回は登山で使うグローブ!手袋について書いていこうと思います!

あなたは登山中、グローブをしてますか?グローブについては、している人からしていない人まで、どっちもどっちですよね?

では、どっちが良いのか考えて見たいと思います!

メリット・デメリットは?

まずはデメリットから。
デメリットは結構着けていると暑い!蒸れる!スマホなど使いにくい!
★指先が反応するものも有ります。

基本的に使い続けると、暑いん、汗をかきやすいですよね?
また、汗だけじゃなく、濡れると余計に不快に感じるんですよね!しかも濡れると冷たくなちゃうし。

後はもちろんスマホです。新品のうちはキチンと反応してくれますよ?でもね、何度か使って洗濯してると、表面がガサガサになって反応してくれません^^;

トレッキンググローブって結構いい値段するんですよねぇ〜。その割にスマホ反応タイプは長持ちしない。
ちょっと残念な感じですね。



じゃあメリットは何か?

トレッキンググローブの最大のメリットは、やはり手の保護ですよね!何から守るかと言いますと、危険な岩場や、木などの棘。更には寒さなど、色々有ると思います。

岩場となると、素手でももちろん登ったり降りたり出来ます。ただし、もし持っている手を滑らせて、傷を負ったりしてしまったら、行動に支障をきたす可能性が出てしまいます。

意外と手の表面って怪我し易いんですよね。

例えば、下りの際に足を滑らせる。するとまず反応するのは手をつくことですよね?そんな時にグローブが無ければ、直に地面に手をつく。そうなれば傷を少なからず負ってしまいます。

多少の傷ならまだしも、切り傷ともなるとキチンと治療が必要な状態も起きてしまいます。

それだけでは有りません。登山道は基本、木や草が生い茂っている険しい道である事が多く、草木をどかしながら歩く。なんて事も珍しくありません。

こんな経験有ると思いますが、葉っぱで手を切る。スパッっと切っちゃう事が誰しも有ると思います。これはもちろん日常の中でも有りますよね?平地で有れば、別に水道も有るし、家に帰ることも出来ます。が、登山中はもちろんそうはいきません。
そもそも水からして貴重です。沢水って言うても有りますが、微生物の影響でさらに悪化なんて事も。あまり現地の水はお勧め出来ません。

怪我だけでは有りませんね。木の中には、触れると手が荒れたりアレルギー反応を起こすものがあり、その様なものからも守る事が出来ると思います。

デメリットはあるものの、少し我慢すれば克服出来るものです。出来るならば、軍手でも良いので登山の際は手袋をつける様に心掛けましょうね!それが後々の為になると思います!

価格:998円
(2017/11/19 12:09時点)
感想(325件)


意外と皆さんお使いの作業用手袋。安くて交換し易いので、意外と使えるかも?
しかし、寒さ対策には中々なりませんが^^;

価格:1,480円
(2017/11/19 12:01時点)
感想(62件)


一般的なトレッキンググローブ。値段が少しお高めですが、ある程度耐久性もあり使い勝手はいいのでは?
デザイン豊富で自分好みに合わせられるかも?

価格:3,213円
(2017/11/19 12:02時点)
感想(1件)


このタイプは、機能性もあり使い勝手も良いのでしょうが、値段が少しお高め。ノースフェイスのブランドなのでしょうがないですが。デザインもしくはある程度のブランド重視であれば、検討して見てはいかが?

価格:4,752円
(2017/11/19 12:06時点)
感想(0件)


モンベルの冬使用グローブですね!使用時期はもちろん冬のみ。その他の季節は暑くて使えません。寒い時期の寒さ対策にはばっちりでしょう!冬場の登山に検討して見てはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA