NIKONのカメラ『D5600』とエクステンションチューブを使ってマクロレンズ風の写真を撮る!価格は安いけど気になるところ!

こんにちは!

takamintです!今回は、いつも使っているカメラ『NIKON D5600』ともう一つ『エクステンションチューブ』を使って、マクロレンズ風の写真を撮ってどんな風に撮れるのか?試して見ましたよ!

まずはマクロレンズってなんだ?

ってことですが、物凄く簡単に言うと『接写』物凄く近くを撮る!って時に使うレンズです。

こんな感じとか

 

もちろん風景なども撮ることは当たり前の様に出来るのですが、その他のレンズでは近寄れない程近距離で撮影出来るレンズです。

NIKONであれば、マイクロレンズって言うようですが、一般的には『マクロレンズ』って言う様ですね。

とにかく近く撮るって言うのは簡単そうなのですが、マクロレンズではない単焦点レンズや望遠ズームレンズでは近くまで寄って撮影すると、ピントが合わないのです。

ピントが合わないので全体がボケてしまう。写真としてなんなのか分からなくなってしまいます。

詳しくって言われるとそこまで良く分かりませんが、簡単な知識で言うとそんな感じじゃないでしょうか?

 

もちろんマクロレンズでなくても、なんとかそれっぽく出来なくはないのですが、若干面倒臭いです。

確実にピントを合わせ、撮った写真をトリミング(キリトリ)して大きく見せる。って方法です。

こう言う感じ。

 

携帯などの機種にも寄りますし、アプリで出来たりもしますが、撮ったサイズを小さくキリトリするので、写真のサイズが小さくなる訳です。

SNSにUPする程度であればそんなに気になりませんが、写真の加工が必要ですから若干面倒臭い。って感じです。

そこでマクロレンズを購入する前に、っと言っても、今のところ買うほどお金を持っておりませんが。どんな風に撮れるか試して見たくて。

何かないものか?ってところで探して言いた時に見つけた物。それがこちら。

エクステンションチューブ

 

筒です。

ただ単に筒です。

さて、本当に撮れるのか?

カメラに問題ないのか?

気になるところを見ていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA