Nikonのカメラ『D5600』で星空撮影やってみよう!意外とやったら出来ちゃった!難しいのは場所と天気とその場の空気?

こんにちは!takamintです!
今回は、一眼レフで写真を撮り始めて約一年の初心者である私が、実際に撮った星空撮影について書いて行きたいと思います!意外だったのが、意外と撮れるものだった!って事ですので!それではどうぞ~!

さてさて、ネットで良く見かける星空撮影。

実際にやってみた人も多いのではないでしょうか?

私自身も実際に撮影を試みた事があるのですが、なかなか思うような写真が撮れず悩んでおりました・・・

確実に必要な道具としては、もちろん一眼レフカメラ、三脚、そしてレリーズ(シャッターリモコンの事ですね。)

その中でも、カメラは私が使っています、『Nikon D5600』です。

センサーサイズはAPS-Cサイズなので、フルサイズカメラのひとつ前のセンサーサイズになるんですね。

星空撮影はもちろんフルサイズ機で、なおかつ明るいレンズが良いって話はどこでも聞きます。

しかし、私はもちろん『Nikon D5600』しか持っていないので、こちらのカメラで勝負です!

それではどの様に撮影に挑んだか、書いて行きます!

 


まずはカメラですが、こちらもちろん『Nikon D5600』ですよね!

NikonHPより

ただし、ひとつ違う事があるのですが、レンズが広角レンズを使っているって事です。

レンズと保護フィルター。

ちなみに本体にレンズを付けた写真がこれ。

装着した感じはこんな風です。

もちろん大きな範囲を撮れるので、星空の撮影におススメです。って事で購入。

もちろん登山もしますので、広大な景色も撮れますよ!

その一例がこれです。

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC広角レンズ
PL(偏光フィルター)付

レタッチした写真では無いので、かなり近場の山が暗いですが『加工』すれば綺麗になりますので。

さて、それでは本題の写真撮影について。

必要な装備品

・カメラ(もちろんD5600です)
・カメラスタンド
・レリーズ(シャッターリモコン)
・あれば広角レンズ

ざっくりと言うか、これだけ!カメラとレンズを除けば約10,000円で準備可能です。

 


それでは詳細に入りますよ~!

 

カメラはもちろんOKですよね!D5600を準備しましょう!

次に無いとどうにもならないカメラスタンド

このスタンドは、正直なところ良い奴じゃありません。普通の家電量販店に売っている物です。(もちろん高級品なら申し分無いのですが、慣れるまで、もしくは写真にどっぷりハマるまで、一般的なもので良いと思います。値段もお手軽ですし。)

レリーズは無くても何とかなりますが、あった方が断然楽です。購入をおススメしますね!

あると良いのが広角レンズ
なぜに良いのかと言う理由を少し。

・広角レンズはボケにくい。
・最大広角にすると星の流れがあまり気にならない。
・広い星空を撮る為に広角レンズがおススメ。

理由と言ってもそこまで詳しい訳ではありませんから、一般的な内容です。

これだけそろえると、全部込み込みで10万円は超えちゃいます。

ですが、フスサイズのカメラを買う事を思えばお手軽ですよ?

装備品はこんなところですので、さらに重要な内容に入ります。

 

 


 

そもそも、星空を撮るにあたって一番重要な事は、絶対的に暗い環境です。

そもそも暗くなければ上手く撮れません。

例えばこんな感じに。

微妙に見えるか?って位です。

今見ている画面を綺麗に拭いてご覧下さい。ってレベルですよね・・・

これでも長野県の『八ヶ岳』へ登った際に、行者小屋(テント場)で撮ったものです。

結構暗いかな?って思っていたのですが、実際にセットして撮ってみるとこんな感じでした。

時間も夜の21:00位だったんですが・・・

これ以上明るく撮れるように、ISO感度を上げたり、シャッタースピードを変えたりして撮ると凄く明るくなってしまい、星どころじゃありません。

ちなみにこの時の設定は・・・

絞り        :F/3.5
シャッタースピード :20秒
焦点距離      :10mm
ISO感度       :1,000

この様になっています。明るくしようと思えばもっともっと明るく出来るのですが・・・


 

またはこんな感じとか・・・

こんな感じ。

場所はこれまた登山で行った、滋賀県の武奈ヶ岳付近にある、『八雲が原』でのテント場から。

こちらの設定もこんな感じです。

絞り        :F/3.5
シャッタースピード :1.3秒
焦点距離      :10mm
ISO感度       :4,000

この時は感度を上げて撮影していますのでシャッタースピードはメチャ早。
そもそもこの時は、満点の満月だったのです・・・

そりゃそうだ!って話ですよ。

なので、これもあまり参考になりません。

 


 

そして今回、ようやくそれらしくも良くもまあ撮れたな!って感じでしたが、そちらをご紹介。

その画像がこちら。

少し雲が掛かっていますが天の川です。

縦の画像も。

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC広角レンズ

こちらは上で述べたままの装備で撮影です。

そしてこちらが設定。

絞り        :F/3.5
シャッタースピード :30秒
焦点距離      :10mm
ISO感度       :4,000

この数値を先ほどの数値と比べると、周辺の暗さが良く分ると思いますが、圧倒的にこの場所が暗かったって事です。場所は意外なところ。もちろん新月です。

実は私の田舎である、『愛媛県西予市』なんですね~!

どんだけ田舎なんだよって話です・・・が、思わぬ収穫。

田舎に感謝ですね!

 


 

そろそろ結論になるのですが、何といってもその場の状況が大事である事!

写真をみると、かなり明るそうな感じの印象ですが、まさにそこが落とし穴?で、多少明るくても大丈夫かな?ってのが大間違い。

とにかく暗くないと始りません。

道具もとにかく重要です。

しかし、一番重要な事

1.新月に出来るだけ近い日に撮影。
2.周辺に出来る限り光源が無い事。
3.出来る限り晴天である事。
4.空気が澄んだ日に撮る事。

以上です!

これさえ条件がそろえば、十分撮影は可能であるって事が証明されました!

しかし、この条件をそろえる方が難しいですよね・・・

やはり、写真撮影には運も必要!って事ですかね?

ちなみに、今回載せている写真は、レタッチしていませんので悪しからず。

それではまた!

 


今回使用した道具達。

   
   
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA