D5600で撮る!『天の川』星空撮影をマスターしよう!ついでに2020ペルセウス流星群も撮れるかな?

まずはピント合わせから。

付けているレンズを対象のレンズにします。広角レンズの方が広く撮れるって事とピントが合わせ易いです。

また、星が線の様に流れるのが少量で済みます。是非購入しておきましょう!

ピントを合わせる上でやり易いのがライブビューモード。

こちらを使いピントを合わせます。

肉眼で見た感じ。
もう少し見えるかな?
  • まずは1番明るい星を見つけます
  • 液晶画面の目印の星にタッチ
  • 拡大ボタン(+)を押して最大まで大きくします
  • レンズのautoフォーカスをマニュアルに変更。※ない場合は、カメラ設定からマニュアルに変更します
  • レンズのフォーカスリングを回し目印の星が1番小さく見える様に合わせます。(※感覚です)

ここまでがレンズの設定方法です。


 

次にカメラ本体の設定。

  • シャッタースピードは30秒
  • 絞りは1番明るくなる小さい数値
  • ISO感度はまず5,000位で

それでは実際に撮って見ましょう!

撮る時は、基本的にレリーズ(リモコン)を付けてシャッターを切りましょう!有ると便利なモノ。

この設定で、ほぼ間違いなく周りが暗ければこんな風に撮る事が出来ますよ!

まわりが明るい場合はこれほど撮れませんが。

後は撮る方向や構図を決めて撮っていくと良いですよ!

正直言って、ここまでは簡単。だと思います。

上手く撮れるか?や、運良く流れ星が撮れるか?

まさに運次第。

飛行機なら、簡単に撮れるんですけどね〜w

さて、次に試して欲しい!っと言いますか、覚えておくと非常に楽な設定。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA