D5600で撮る!『天の川』星空撮影をマスターしよう!ついでに2020ペルセウス流星群も撮れるかな?

こんにちは!

takamintです!

今回はNikon『 D5600』で、星空撮影に挑みましょう!撮り方とコツ。大阪から行けるオススメスポットを紹介します!

以前UPした、『星空撮影に挑戦』的な内容の記事を書きましたが、今回はガッツリ撮る為に行って来ました!

まずは場所から。

和歌山県の龍神スカイラインの途中にある『護摩壇スカイタワー』いわゆるパーキングエリアです。

こちらパーキングエリアまで、ルートによるのですが、今回は約2時間半程掛かりました。

ただし大阪から一気に目的地方向へ行くので、道は覚悟しておいて下さいね!

完全な山道(舗装はしてある)で、基本的に1車線が多いです。

カーブは盛り沢山ですし、時には落石注意の場所もあります。

どうしても怖い。

って言う方は、和歌山の方まで高速道路で突っ走り、その後龍神温泉方向へ向かって行くと、結構綺麗で片側1車線の道を通れます。

ルートも大事なのですが、それよりも注意しないといけないのが駐車場に停められるかどうか?です。

狭い駐車場では無いのですが、何せ今回の様な『ペルセウス流星群』の観測日和の場合はとにかく人が多い!

大量の車がこんな山奥に!?

って違和感だらけです。

出来るだけ早めに到着して、場所の確保が必要かも知れません。

とにかく到着さえしてしまえばなんとかなるので、頑張りましょう!


 

それでは準備ですが、必要なモノリストはこちらです。

必ず必要なモノ

  • カメラ(Nikon D5600)
  • 三脚(重い方が安定します)
  • レリーズ(リモコンシャッター)
  • 予備バッテリー
  • 広角レンズ(無いと星が流れ線になってしまいます)

 

有ると便利なモノ

  • イス
  • 豆球みたいな暗いライト
  • 風除けパーカー
  • バーナーセット(コーヒーとか)
  • 簡単な食事かオヤツ
  • 車中泊セット(マット・シェラフ)

とりあえずパーキングエリアなのでトイレは有りますので気にしなくても大丈夫です。

場合によってはティッシュが無くなる可能性もあります。トイレットペーパーを持っておいたら救急事態は回避出来ます。

ここまで暗い場所に来ると、肉眼でも天の川が分かります。目が悪いと残念ながら見えませんけどね。

目で見て分かるくらいなら、設定などは意外と簡単。本格的に撮る人達は、明るいウチからレンズのピント合わせをしたりとかやってるんでしょうけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA