これから始める!『素人登山』の始め方!いきなり始めるのは危険?確認してから始めよう!

こんにちは!takamintです(´∀`)
今回は、『これから始める素人登山』について書いて行きたいと思います!もちろん私自身素人ですので、素人だから言える初歩中の初歩の話です!

登山をするいい時期になって来ましたね!朝は少しひんやりして、気温がめちゃくちゃ高い訳でも無い。そんな時期。

これから『登山』を始めてみようか?って思う方。多いと思います。そんな方々に向けて、伝えておきたい事ががあるので書いていきたいと思います!


それではまず絶対に覚えておいて欲しい事!から伝えておきますね!

これはどれだけ山に登っても覚えておいて欲しい事!ですよ!

まずは無事に下山する事!です(´∀`)

時々ニュースにもなっている、『遭難事故』あえて言うなら、多くが事前に準備出来ていれば防げていたものだと思います。

山で言う遭難の定義は色々有ると思いますが、まずは自分で下山出来なくなった場合。これでしょうね。

もちろん滑落事故(道や崖から落っこちちゃう事)や道迷い。体調不良

などなどが思い当たりますね。

不慮の事故はなかなか防げないものですが、遭難事故の多くが道迷いなのです。

道に迷った挙句遭難。運が良ければ救出されますが、悪ければ…残念な結果が待っています。そのようにならない様、事前の準備はしっかりしましょうね!


登れるかどうか確認しておこう!

それではまず始めに行う事は、

どの位自分は歩けるのか?ですよね?

実際山へ入り、いきなり登山って言うのも出来ますけど、それじゃ危険が増えちゃいます(*´Д`*)

その前に少しお試しでやってみてくださいね!

何をするのかはこちらのブログを参照にしてみて下さい。

少し試して、例えば膝が異常に痛い!とか、足首が痛い!とか、全くもって息が出来ない!

なんて事では、登山はおススメ出来ませんよ(^_^;)

まずは自分を知る事が大切です(´∀`)

体力が無ければ、少しでも歩くとかトレーニングが必要ですし、膝が痛い!なら一度病院で確認してみたほうが良いでしょう!登山出来ますかね?って聞けば判断してもらえると思いますよ!


装備はどうする?

装備については賛否両論。

そこまでしなくても良いんじゃない?って事から、それは必要でしょう?って事までネットには色々溢れてます(^_^;)

その中でも『富士登山でおススメの装備!』とか書いてある装備については、正直当てにしなくて良いと思うのです。

先に行っておきますと、富士山は素人でも行けます。根性有れば大丈夫だと思います。(私は行った事ないですが。)

そもそも富士山は日本一高い山ですので、例えば『風』『気温』『気圧』全てにおいて日本一なんです。多分。

そんな所へ行く装備ですから、例えばレインジャケットなど、そこそこレベルの高いもの?の方がもちろんおすすめです。

標高が高い山は結構、『雨又は霧』がよく発生します。その為、雨に打たれながら歩くと言った行動が発生します。

それに、富士山へ登るのですから、事前に準備して何日も前から予定を空けて、いざ!って時に雨。

でもしょうがないから登る。

なんて事があるでしょう。

しかも標高が高いので、もちろん気温も低い。そこに強風。低体温症になりかねませんね。

富士山に登る場合はおススメ装備がおススメです。

そもそも、いきなり何もしないで富士山へ登るには正直言っておススメしませんが。

初心者のうちは小さい山で経験を積むべきだと思います。そこで、今回はこれから始まる方へ向けての内容ですから、その辺はご了承下さいね!

1500M位の山で有れば、なかなか行動しながら透湿性の高いレインジャケットは使いません。

もちろん雨が降ってしまうこともあるので、レインジャケットは必要です。

ですが、事前に天気予報で大体分かりますし、夕立については一定時間耐えれば過ぎ去ります。

ですので、正直言って『Gore-Tex』(透湿性)の高いレインジャケットである必要は有りません。例えば作業服やで安く売ってる(透湿性)ってのが書いて有れば十分だと思いますよ。

でも一応書いておくのですが、無くてもいいでは決して有りませんのでそこは注意!持って行く事は必要です。

ではなぜ?雨が降らない予報なのにレインジャケットがいるの?って言う理由がこちら!

寒さ対策です!

日中は全然必要ありません。

でも考えてください。例えば、…

遭難して一晩明かさなければならない!時期が春や秋の場合、山の中は想像出来ないくらい寒くなります。そこであるのとないのとでは大きく違うのが、『レインジャケット』なんです。

レインジャケットなら、風は通しませんし、もちろん雨も通しません。絶対では無いですが。

命を繋ぐために必要なんですね。

そのほかは非常食。飴が命を救ったとか、本当ですからね。あるのと無いのとでは大違いですよ?

装備について、外せないのが『登山靴』です。普通の靴と何が違うかと言いますと、とにかく頑丈!水も非常に入りにくい。

スニーカーと比べて、靴の裏(ソール)が硬いので疲れにくい!

などなど。なくても登れますが、あったほうが楽に登れますよ(´∀`)

トレッキングポールなども有るとおススメ!慣れれば凄く楽に歩けます。登りよりも下に威力を発揮します(´∀`)

速乾性のある服装!

低山での登山で1番重要なんじゃないかな?って思いますよ?

なんたって、汗はほぼ確実にかきます。冬場でもかくものはかきます。

そこで汗をかいた後、いかに快適になるかどうかは、速乾性のある衣類にかかっています。

速乾性があるって事は、山で風が吹けばすぐ乾くし、乾く際に気化熱で肌周辺を涼しくします。

なんと言っても登りやすくなりますよ!

汗だくのまま登るのってかなり辛い。

出来るだけ快適に登りたいならば、必ず速乾性のある物を装備しましょうね!

速乾性がある衣類であればこそ、Gore-Texのレインジャケットも効果を発揮します。

ついでに言っておきますと、Gore-Tex製のものは、蒸気は通すけど水分は通さない。ってものなんです(´∀`)

と言う事は、いかに素早く乾いて水蒸気にしてしまう事が出来るかどうか?になります。早く水蒸気に変える事が出来れば少しは快適になりますよ!


地形図とは言いませんが、GPSアプリ位はせめて持っておきましょう!

最近は山での道迷いが増えている様です。しっかりとした踏み跡がある場合はほとんど必要ない地図。

でも、一歩間違えるとあっという間に道迷いになるのが登山です。

道があるようで無い。

そんなまさか?って思うのでは無いでしょうか?

実際今のところ、道迷いは幸いした事が有りませんが、遭難しかけた事は有ります(^_^;)色々あったのです。

その時は道迷いではなく、経験不足が大きな要因でしたが。

詳しくは下のブログで見てください。

 

 

しかし、今回書いているのは道迷いに対していかに防ぐか?これが重要です。

現在では当たり前になったスマートフォン。まだいわゆるガラケーの方も多いですが、持っておいて損はしませんので、説明します。

そもそもスマートフォンのアプリで登山用のルートを把握する為のものが有ります。

もちろん充電が切れてしまうと全く役に立ちませんが、紙の地図よりも現在地の把握が容易なため、初心者にはおススメします。と言いますか、未だ普通に使用しています。

このアプリは、もちろん電波の届かな場所でも基本的にGPSを受信して現在地を把握してくれます。

大きく道を外してしまった場合は、今何処にいるのか把握し、適切なルートへ帰る事が可能です。

しかしながら、注意事項ももちろんあります。

スマートフォンのGPS機能を使用する場合は、充電に注意しなければなりません。

充電が切れてしまえば、まさに『おもり』になってしまうので、ポータブルバッテリーも持ち歩いておきましょう!

電波は届くはずなのに、充電が無い為に電話すらかけられない!そんな事になってしまったら大変です!

参考までに。
  


最後にまとめ

いかがでしたか?簡単に出来るばかりですし、逆にしなかった為に問題が発生した。なんて事にならない様に十分に注意しましょうね!

なににしても、まずは小さな山から登ってみたり、階段を上ってみたりと自分の状態がどの程度なのか?

この事を把握する事が、安全な登山の第一歩だと思いますよ!

道具をそろえて行くのはその後でも良いのではないでしょうか?

もちろん形から入るのだって全然かまいませんし、私もそうでした(^_^;)

お金は掛かりますけどね。

そこは自由です。

まずは、必ず安全に下山する事!これが一番大切です!

それではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA