有ると良いのか?スノースパイク!雪道で使えるか?

こんにちは(´∀`)takamintです!
今回は、冬場の凍結した路面に最適な、スノースパイクについて書いて行きたいと思います!

書いて行くのは良いのですが、私自身が持っているわけでは有りませんので、予めご了承くださいね!

では初めに、スノースパイクとは?何なのか?についてですが、簡単に言えば人用のタイヤチェーンみたい?な物ですよ(´∀`)

靴に取り付けて、雪や凍り付いてしまった道を滑らない様にする為に、靴底へスパイク(金属のピン)が付いているものです。例えばこんなものがそうです。

正直言って登山道での使い道には疑問が有りますが、無いよりマシ?な程度ではないでしょうか?

ピンが付いているって言っても、そんなに長いピンではないので、雪道で滑らないかと言うとそんな事は無いと思います。もちろん滑るにくくはなるでしょうけど。

なので、雪の残っていそうな山へ登山される場合は、このスノースパイクでは正直心許ないですよ。だったら軽アイゼンの方が良いのかと思います。

山で使うものがもちろん全てではないので、ではどんなところが適しているか?それは、街中が1番適しているのではないでしょうか?

常に装着しては歩けませんが、雪が残っているような場所や、前日に雪が降り、地面が凍り付いている様な日。こんな日には是非とも使ってもらいたいです(´∀`)

何と言ってもスパイクですから、多少の事では滑りませんよ!油断は禁物ですがね(^_^;)

考えてみて下さい!付けないで転んで怪我をする、コケてカッコ悪い思いをする。など!カッコ悪いだけならまだしも、怪我をしてしまったら元も子もないですよ!

ですから通勤や通学に、取り敢えず付けて滑らない様にしておきましょう!

ところで付け方はどうなのかというと、どのメーカーの物も、このスノースパイクについてはおんなじ様なものです。

ワンタッチ装着!が売りの様ですね。もちろん外れちゃダメですが、そこまで簡単には外れないでしょうし。

その上そこまでハードな動きはしないでしょう(^_^;)?ですからこの程度で良いのでしょう!

ゴムで出来ているので、伸ばしてはめるだけ。やった事は無いですが、かなり簡単でしょうね!これならめんどくさがらずにつける事出来ますよ!

再度言っておきますが、雪道よりも凍った路面で本領発揮すると思います。雪道は意外と滑り難いですが、凍った路面は恐ろしく滑ります。

特に橋を渡るときや、歩道橋などの路面の下が空洞になっている場所は特に注意が必要です。

なんて言っても直ぐに凍り付いてしまいますから(^_^;)歩道橋なんて危険極まりないですよ!その様な場所を通る方!

気を付けましょうね!

それではまたぁ〜(´∀`)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA