晩秋の登山装備『服装』

こんにちは(´∀`)takamintです!今回は秋の終わりからの登山装備について書いていきます!

時折記事にしています、装備関連。今回は寒くなってくる秋の終わりから、どの様な装備に変えて行くか?について書いて行きたいと思います。



秋も終わりに近づくと、朝晩の冷え込みが強くなってきますよね〜。そんな中で、夏場の様な装備にするわけにもいかず、かといって厚着は登るにつれて汗だくになる。

そこで、どのようにするべきか、素人目線で考えます。

寒さについても、暑さについてもするべき事は一つです。重ね着又は脱ぐ!これしか有りません!

もちろん高級なもので、暑さ寒さに柔軟に耐える事が出来る!なんてものが有り、しかも購入出来るならばそれでも良いでしょう。しかし私もですが、素人です。

そんな良いものがあったとして、高過ぎれば購入するのも躊躇します。そこでどうするかべきか?

暑ければ脱いで、寒ければ着る。要はどちらでも登れるように、装備を持って置く事!が重要だと考えます!

しかしそれでも、どこまで寒さに対策をすれば良いのか?分かりませんよね?それではどの様な服装がいいのか、書いて行きます。

基本は夏の様な仕様で!

インナーやその上に着るシャツなどは、基本的に夏仕様でいいと思います。しかし、『インナーは長袖のもので、速乾性のあるもの。』『その上に着るシャツも速乾性のあるもので。』

流石に、タイツはもうやめておきましょう!『ズボンタイプのオールシーズン使用出来るもの』が、オススメです!中にタイツを履いてしまうと、動いてる最中に汗だくになるかも知れませんので、それはやめておきましょうね!

ここまでは夏仕様ですね〜。

ここからは持っておいた方が良いものです。『レインジャケットとレインパンツ。』

後はフリース地ジャケットなどがオススメです。こちらも登山用品店などでは、秋頃から販売し始めます。

レインジャケットやフリースなどは、寒くなったときのための予備。で考えておきましょう!

山頂は、思いのほか寒い事が有りますよ!フリースがあれば、もちろん暖かいですし、風が強ければ、レインジャケットとパンツを代用する。どっちみち、雨対策はしますから、一石二鳥です。

後は『ニットの帽子』をいれておけば、例え強風が吹こうとも、問題なく過ごす事ができますよ!

そのほかでは、『グローブ(手袋)』があればさらに良いでしょうね!意外と手先が寒い事が有りますよ!軍手でも構いませんが、少しお金を出せば、これもまた登山用品店で売ってます。デザインもそれなりですし!

大体はこんなところでしょうかね?というより、私はこんな感じで登ってます。荷物で増えるものは、実質フリースくらいですね!

後、基本はやはり重ね着で、暑ければ脱ぐ。寒ければ着る!これを徹底しましょうね!休憩中も簡単に着る事が出来るように、ザックの上の方にしまっておきましょう!

着過ぎて汗だくにならない様に、十分注意しましょうね!汗冷えは怖いですよ〜!ビックリする位冷えますから(^_^;)

そうなっては元も子もないです。休憩どころか、じってしてる事自体苦痛になっちゃいます。そんな目に遭わないことを祈ります(^_^;)

それではまた〜(´∀`)!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA