営業の心得①

こんにちは(´∀`)takamintです!本日は久し振りの仕事の話をしていきたいと思いますよ!おヒマな方、見ていって下さいね!

営業マンだけではなく、世間一般必ず必要な自分自身の信用について、知ったかぶって書いていきますよ(´∀`)


営業マンは信用が命!

世間でも信用ってとっても大事ですよね?営業マンとなると、それ以上に信用が大事なんです。皆さんも話してて嘘ばっか言う営業マンから、何か買ってやろうか!ってならないと思います。私だってそうです。



そんな信用をどうやって築いて行くか!ですが、もう地道な努力としか言いようが有りません^^;私の話ですが、現場から営業に転向して役9年位経ちましたが、お客によっては未だに信用ないところって多いです。



なんでかって言うと、正直全ての顧客に同じサービスは出来ない!これです。いくら頑張っても、私は1人。良く自分がもう1人居たらなぁって思いますよ!しかしやっぱり1人なんです。これは変わりません。

顧客と会社の関係ではなく、顧客と自分自身の関係が大事なんですよ。どう言うことかと言うと、何か問題が生じた場合、矢面に立つのは営業である自分なんです。自分が悪くなくても怒られたりするのは自分です。なぜ自分が?って必ず思う時が有るのですが、そこは我慢。決して顧客に私は関係ないです。とか、悪いのは会社ですから。とか言っちゃたらハイ終了!信用そこで終わりぃ〜(´∀`)ってなりますよ!

信用を勝ち取る為にするべき事は、出来るだけ顧客の要望に添いつつ、出来ない事や、嫌でもやらなければならい事(値上げの話など)を不器用でも良いから精一杯対応する!この少しの努力が5年10年と経過する毎に顧客との信用に繋がると私は信じています。

だからこそ、申し訳ないが顧客も選んでいます。もちろん完全に蔑放っておくではないですが、上顧客(売上を上げてくれる顧客)に対して、徹底的に信用を取っていきます。

実際にどんな内容が信用に繋がるか?と言うと、例えば顧客が注文を間違えた!時間はもう無いが、帰る時間や自分のしたい事を後回しにしてでも手配する、又は再配達する。なんてのが結構効きます。

自分は全く悪く無いんです。顧客が間違えただけなんです。けれどもこれが出来る人と出来ない人では、間違いなく信用度は差がつきますし、次回からの仕事も任せてもらえます。

営業とはどれだけ自分を失くせるか。そこにかかっているんじゃないかと私は思います。私も早く帰ってゴロゴロしたいですし、ブログも書きたいです。趣味に時間をかけたいデス。でも顧客を選べるか?そこにかかっています。

けれども、ここで先程書いた顧客の選別が必要になってくるのです。何故かは分かりますか?それは、いくら信用して貰おうと頑張ってもその信用を、言い方悪ですが悪用?する顧客も居るんですよ!こんなところでしか言えませんけど^^;

申し訳ないが、顧客に信用して貰う以上、自分自身も顧客の事を信用出来なければ、長く関係を保つ事が出来ません。どちらかが信用を無くすと、元に戻すのに相当な時間、労力が必要になるでしょう。そこまでして元に戻らない可能性もあるため、なかなか信用回復に向かっていけないんですよね〜^^;

その他にも色々有りますが、今回はこの辺でまとめましょう!

信用が第一ですが、全ての顧客にそれが出来る訳じゃない。

顧客も選ばなければ、自分自身が回らなくなってしまう。

信用は双方に必要である。

こんなところですかね(´∀`)

どの様に思われるか分かりませんが、私はこんな感じで営業活動に励んでいますよ!

皆さんも頑張って下さいね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA