記憶に残る尾根歩き!三重県『竜ケ岳』へ日帰り登山!ルートによっては本格登山!

こんにちは!

takamint です!

今回は、三重県にある山、鈴鹿セブンの1つの『竜ケ岳』へ登山に行って来ました!青空の中で大展望の広がる尾根道を歩く!きっと思い出に残る登山になりますよ!

さてまずは場所から。

大阪からでも高速を使って名阪国道を通り、亀山SA辺りで一般道へ。

大体2時間もかからずに到着です。

いつもの様に、前日入りで近場の道の駅で車中泊。

なんだか普通になって来ました。って言いますか、楽しくなって来た感じ。

道の駅はこちら。

※一応私は道の駅やSAで車中泊をしますが、推奨する訳ではありません。

近所にコンビニもあるのでとっても便利でした。

7時位には現地駐車場へ着きたかったので少し早めに出発。

駐車料は500円でした。

7時前には到着したのですが、ですがですよ?

駐車場は一杯!

危うく駐車できない程に…

どうも、キャンプ場があるので、そちらの方々と登山者達で一杯。

到着予定は6時位にしておいた方が無難ですね。

※下山後団子屋さんで団子を頂きながら聞いたのですが、数年後には駐車場も広くなるらしいですよ。

とにかく停めることが出来たので、準備開始。そして出発です。

ちなみに、登山届は現地提出。

いつものネットで提出出来ないんですね。三重県。登山届けをダウンロードして何故か郵送。ネットで提出出来れば助かるんですがね〜。

トイレは入り口付近と、登り始めて直ぐにある、簡易トイレだけです。

その他途中には有りませんので注意です。しかも、尾根に出ると正直言って『木』が無い。

トイレするとこない。って感じですからね〜。少し道を外れて行けば出来そうですが、滑落注意です。


それではスタートです。

今回のルートはこちら。

山と高原地図アプリより ちなみに遠足尾根登山道の途中が直線になっています。単にコース記録を停止してしまっただけなので、その様なルートを通った訳では有りません。

遠足尾根を登り、中道を下って下山するルートです。

簡単に言いますと、遠足尾根は尾根まで出ると比較的緩やかな登り。そこまではそこそこ急登って感じです。

中道は、基本劇登り。

砂防ダムやロープなどあり、本格登山のルートって感じです。険しい道が好きな方はお勧めです。

それではスタート。

遠足尾根のスタートは、林道横からです。

右へ登り始めます。

ゆっくり登って行くのでは無く、つづら折りのそこそこ急角度の登山って感じ。

私はあまり得意な感じでは有りません。疲れるのは嫌なんです。

延々と同じような道を登り、ようやく辿り着いたのがこちら。

ゴツゴツした岩場。
特にキツくは有りません。
時折り見せる展望にワクワクしながら登ります。

 

削られて行く山。
藤原岳。とっても良い山なんですけどね…

ワクワクドキドキしながら登るのですが、この展望が見えるあたりから傾斜が少し緩やかになって来ます。

もう直ぐ尾根道に出ますよ!

ドーン!!
ここから山頂までずっとこんな感じが続きます。

遥か先に、目的の竜ケ岳山頂です。

中央に見える道は多分中道登山道です。
ずっと愛知県側が見られます。

尾根の途中には、休憩出来る場所が何ヵ所も有ります。自分が好みの場所で大休憩をしましょうね!

最高の天気でした。

こんな感じの絶景が尾根に出てからずっと見る事が出来ます。ここまで来ると、山頂直下の直登までは、比較的緩やかな登りです。

ただし、かなりの登山者が登っていますので、細い場所などは注意です。

特に山頂直下の直登は、落石の危険があるので、出来るだけ注意しながら登りましょう。

もちろん降りる人も注意です。

緩やかな感じですが、実際は結構急です。注意してください。

こちらを登りきれば山頂です。360°の大パノラマが広がります。ただし、独り占めは無理っぽいですけどね〜。

天気も良いし、凄い人でした。

結構早い時間に登りきったので、食事もそこそこに下山へ。

ここにいる人達が下山を始めると、渋滞が凄そうなので早めに降りる事にしました。

ルートは中道登山道から下山です。

こっちのルートは結構狭い尾根を一気に降ります。

見た目はそうでも無いですけど、結構深い道になります。しかも急角度なので、気を抜けば転けちゃいそうです。
こんな感じの道になって行きます。
遠足尾根とは違い、狭くて急な登山道です。

この中道登山道は、もちろん下からも登ってくる登山者がいるので、落石に注意しながら下りましょう。もちろん自分自身の滑落も。

中道登山道の後半になると、砂防ダムがいくつも現れます。少し分かりづらいですが、下りの場合は基本、『左側』に梯子が掛かっています。
綺麗な川辺を通り、砂防ダムを越えしばらく降ると滝が見えます。
この辺りに2つほど滝があるらしいですが、私は1個しか見つけられませんでした。
この壊れた橋が終了の目印。最後に反対側へ渡ると終了です。後は来た時の林道へ進みます。
竜の雫って言う名水の様です。
これで終了です!
後は車で帰る準備を整えて、少し散策。
涼風軒
看板おばあが団子を買うと色々聞かせてくれます。どうやらここで、『竜ケ岳バッジ』を売っている様です。
コーヒーを少し。
こちらで頂きました。

いかがでしたか?参考になるでしょうか?駐車場が一杯になったりする様なので、注意が必要ですが、キャンプも出来るし、登山では絶景も見れる!

この『竜ケ岳』は一生心に残る山になりました!

見てくれた方も、是非一度登ってみて下さいね!それではまたぁ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA