和泉葛城山へ行ってみた!思った以上にビックリしたのが、登山でもなくハイキングでもなくドライブだった事だった!

こんにちは!takamint です!

今回は、和歌山に近い山である『和泉葛城山』へ行って来ましたよ!

どんな山なのかと思って行ってみましたが、予想外の結果です!

位置はココです。

さて、まずは場所から見てみましょうか!

岸和田の少し南の方に位置しています。

ちなみに今回の和泉葛城山は、車はもちろんですが、登山やサイクリング(超ハードですが)バイクでツーリングなど様々な方法で登る事が可能です。

今回私は車で山頂付近まで行き、駐車場から登る?って感じで向かっていきました。

車なので、出発時間はなんと昼の1時ごろ。

大阪市内からなら1時間位あれば行ける感じの距離感です。

山への道のりが気にはなりましたが、幹線道路から脇道へそれて行き、少しずつ道幅も狭くなって行きます。

前日雨が降っていた為、路面が結構濡れています。雨の後などはスリップに注意ですね。

帰り際に撮ったものです。
※もちろん止まって撮っています。

基本的に写真の様な道になります。場所によってはすれ違いができないところもありますので、十分注意が必要です。

特にどちらかに必ずある側溝が曲者。

間違っても脱輪しないように慎重に走りましょう。もちろんですがこの辺りの道のりは、携帯電話が圏外になります。

要するに、脱輪したからJAFを呼ぼう!ってのが無理なのです。

自力で脱出か、誰かに助けを求めるか?

2択です。

って、怖がらせてばっかりでは行けませんので、言っておきますが、すれ違いの際に注意しさえすれば、よっぽどのことが無ければ脱輪はしないと思いますので(^_^;)

ただし、注意はしておいて下さいね!

それともう一つ注意事項!

こんな感じの林道は、昼間でもかなり暗くなります。そこで車だけではなく、バイクも自転車も『ライト』を点灯させて走る様にしましょうね!

自分の視界を確保するって言うよりも、相手に自分の存在を確認してもらうって事が大事です。

早めに気付けばすれ違いやすい場所で、待っていてくれるかも知れませんよ?


こんな感じの林道を大体30分位で山頂付近の駐車場です。天気が悪かったのと、時間が遅めだった為、すれ違った車は2台位でした。

けど、駐車場には結構停まっていましたよ。

見えている場所だけではなく、他にも停めるところは有りました。まず満車になる事はないでしょうね。

さて、では少し確認の為看板でも見てみましょうか。

コレは登山どころかハイキングでもないですね(^_^;)
とにかく展望台があるみたいなので登ってみましょうか!
勾配は多少キツめの様ですが上まで直ぐに着いちゃいます。ただし、下が濡れていた場合滑るかもしれませんので注意しましょうね!
ここから左へ進んでいきます。
夏場は仕方ないですよね(^_^;)草ボーボーデス。
足場が見え難いので注意しないとコケちゃいますよ〜!
草むらを1分程進むと、急に塔が見えてきます。
こちらが目的の展望台ですね。
下は休憩場所。
塔の中央に螺旋階段があり、ここから上の展望台へ登ります。
関空方向です(´∀`)もの凄く曇ってますけどね。
和歌山方面です(´∀`)
禍々しい雲が(*´Д`*)
元来た方向です(´∀`)
天気も悪いし、景色もなんとも言えないので撤退開始です(´∀`)
やっぱりな〜(´∀`)ココは夕日が綺麗なんですね!
一人で来るのは嫌ですな(*´Д`*)
ちなみにトイレもあるみたいです。
ただし、トイレットペーパーなどが常にあるかは分かりません。持って行くほうが無難かも知れませんね!

それでは弾丸ツアーみたいに着いて直ぐに帰る羽目になりましたが、生駒山などと違い車でほぼ山頂付近まで来ることが出来ますし、道は無料です。

そこそこ狭いのが難点ですが、山道としては普通です。所々に落石らしい岩が側溝に引っかかっていましたので、スピードの出し過ぎには注意が必要ですね!

ココへ来るのは天気が良い夕焼けなどが良いかも知れませんが、展望台への道は十分に注意しましょうね!

それではまたぁ〜(´∀`)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA