『秋から登山』寒くなったらとりあえずニット帽を!

こんにちは(´∀`)takamintです!今回は、持ってて損は無いニット帽について書いていきたいと思います。

10月も後半になって来ると、朝晩がとても冷えて来ますね。まぁ10月後半くらいであれば、山頂で風に吹かれても少し寒い程度でしょう。



これが11月、12月ともなると低山であっても山頂では気温が下がります。下がるだけならまだマシですが、山頂はほぼ風が吹いているんですね。

考えてみて下さい。冬に冷えた日。強風が吹き付けた時に耳を覆う物が無い!痛いですねぇ〜!寒いを通り越して痛くなっちゃうんですよねぇ。

少しに時間ならまだ耐えられます。それが1時間、2時間となってしまうと正直耐えられなくなるかも知れません。耐えられたとしても、耳の痛みに気がとられて、転んで怪我をするかも知れないです。

山に入る前は、全然風が吹いてなくても、尾根に出たり山頂へ近ずくにつれて、風も強さを増していきます。

天気については、私もそうですがもちろん確認してから行動します。皆さんももちろんそうだと思います。しかしですね、風に関してはどうでしょう?

天気予報では晴れて風も穏やか!ってなっていても、山に登るとあれ?天気は良いけど、風がきついな?って事、ざらに有りますから^^;しかも雲も出てくる!なんrて事も。

ハッキリ言って、私の様な素人には山の天気は読めません(´∀`)ほとんど運次第です^^;もちろん出来るだけいい日に登れる様に、天気は出来るだけいい日を狙ってますけどね。

ともかく話を戻しますと、読めない天気。もしかしたら、風が強くて急に冷えてくるかも?って考えると、ニット帽の一枚くらいは、ザックの何処かへ入れておく事をお勧めします。

寒い寒いと思いながら食事をしても、良い思い出になりません。大事なのは、休憩中に冷やさない!であったり、出来るだけ快適に登るという事。

これに尽きると思います。誰だって、出来るだけ快適に登りたいですもんね!

もちろんそれだけじゃ有りません。万一山の中で一夜を過ごす事になったら、少しでも体温維持が必要です。暖かいと人間って少しはホッとするものです。

朝や夕方が寒くなって来たら、一枚入れておきましょう!何かの役には立つと思いますよ!そんなに良いものじゃ無くて良いんです!スポーツ用品店とかに売ってるものでも十分だと思います。

どうせなら、可愛い・カッコいいものがいいでしょうが、やはり高いですもんね^^;常にかぶるならこだわった物がが良いですもんね!

どちらにしても、有るともしもの時に役立つかも?知れない、ニット帽について!でしたぁ〜!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA