年齢なんて関係ない?金剛山へ登山をしてみた!

こんにちは(´∀`)takamintです!
今回は大阪府に有る、金剛山へ行ってきた際のはなしです!

この金剛山は大阪市内からも近く、又、老若男女誰でも登る事が出来る山になっています。

ロープウェイも有りますので、これから年明けにかけて、初詣の方々も訪れるのではないでしょうか?

今回は登りが登山で、下りがロープウェイでの話になりますので、ご了承を(´∀`)

この金剛山なのですが、正直言ってルート多過ぎです^^;下の地図でも分かると思いますが、至る所から登山口が有ってどこから登るのがおススメなのか、分かりません!

なので取り敢えず、今回登ったところと、以前登ったところについて書いていきますね!


山と高原地図より

見て下さい!これ^^;どっから登るの?って感じですよね?結論から言いますと、どこから登ってもそれなりの登山で有る。って事です。登った事が有るルートは、

  • 千早本道ルート
  • 文珠尾ルート

の2カ所です。どちらがどうなのかについては、簡単に説明しておきます。詳しくはネット検索して下さいね!


千早本道ルート

このルートの特徴は、なんと言っても何処までも続く階段。

これでもかっていう位階段が続きます^^;歩きやすいとはなかなか言えませんが、例えばすべり落ちたりする事はまず有りません。

息が切れない程度でゆっくり歩けば、小学生でも登れるでしょう。

上まで登って下りはロープウェイなんて言うのもありですからね!

このルートの特徴は、階段と年配の方。必ずすれ違いますが、大丈夫?おばあちゃん?ってなりますが、私より回数だけなら間違いなく登っておられるでしょう^^;

この山って、金剛山の登山会の様な物が有るんですかね?たまに山頂広場のライブカメラに映ってますね^^;

朝6時位に、山頂カメラの前で、撮影されてました!

それに、登った回数によって表彰されるんですね^^;山頂に行けば名前と登った回数が一杯貼り付けて有りますよ!


文珠尾ルート

登山気分を味わうならオススメのルートです!

本道から急に側道へ急斜面を登るのですが、本当にここから?って感じになりますよ!

少し傾斜が有りますが、比較的広い参道ですからゆっくり登れます。後ろから人が来ても、横へ避ければ大丈夫です。

こちらのルートで家族登山をしましたよ!嫁様と子供(小学5年生の時)で登りましたが、子供は平気。嫁様地獄^^;そんな感じでした!

そもそもペースを嫁様に任せたのが悪かったです。

好きなペースで登ってねって言ってはみたものの、ペース配分が分かるわけもなく。

後ろから人が来たら避けないし…^^;そりゃ疲れるよ!って私の責任です^^;

バテバテになりながらも、休憩を挟んでまた登る。を繰り返してようやく登る事が出来ました!

必死でしたが、頑張りましたよ!山頂では取り敢えず食事!子供は待ってましたとばかりにテンション上がってました!(´∀`)結構な運動量なので、お腹も減ってますよね!

早速バーナー準備して、お湯沸かし。この時はカップラーメン+おにぎりと、お味噌汁のカップなどを持って行きましたので、そちらを作る。

出来上がりまでの数分間、何回まだ〜?って子供の声を聞いた事か!

それでも食べてる姿と美味しい!って顔!なんだか連れて行って良かった!って思いました。

と言っても、登ったのは二人の頑張りですが^^;

食事が終わったら、ちょうど11時位でしたので、急いでライブカメラの場所まで移動して、ハイチーズ!って1時間毎にサイトにアップされる写真を撮ってもらい?帰りの準備です!

帰りは先に書いた通り、ロープウェイです!私は正直、歩いて帰った方が良かったのですが^^;ロープウェイの高さが苦手です!とにかく怖い。

しかし、私一人歩いて下りても遅くなりますし。ここは頑張った二人の言い分を聞いて素直に従います^^;

怖くて写真を撮るのを忘れてしまいましたよ(´∀`)

今回が家族登山、初挑戦だったのですが、なかなか楽しかったですよ!

私はね^^;

子供もなかなか良かったみたいですが、登るとか、綺麗な景色より、山頂で食べる食事が一番だったらしいです^^;

そう言うのも全然有りですよね〜(´∀`)

また、機会があれば登りたいですね〜!って事で、次は大和葛城山に決定したのでした!

そちらは先の記事に書いてますので、宜しければ合わせて見て下さいね!

それではまた〜(´∀`)!

そうです!忘れてました!今回記事中に山頂って有りますが、金剛山は山頂には入れません。山頂自体が御神体って事だったかな?

一応てっぺんって事で、山頂広場が有るんです。そこのところはご了承下さいね(´∀`)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA