NIKON『D5600』キットレンズで思う、綺麗に撮れる時もあるけれどそうでもない時もあるみたい。原因はなにか考えてみる。

こんにちは!takamintです!

今回は、NIKON『D5600』を購入した際に付いているレンズについて書いて行こうと思います。

まずはカメラの説明を簡単に。

こちらのカメラはNIKONの『D5600』と言うカメラで種類は一眼レフになっています。

発売自体は結構前で、2016年11月に発売されたモデルです。

一眼レフカメラの中でもエントリーモデルであり、一眼レフ初心者におススメ出来るカメラのようです。

価格については、一眼レフの中でもお手頃価格でレンズが2本付いた『ダブルズームキット』でこちら。

レンズが2本付いてこのくらいの価格ですからおススメです。フルサイズカメラで有れば、さらに価格は上がります。

資金に余裕が有れば問題ありませんが(^_^;)

ともかく、初心者でまずはカメラに慣れて行こう!って方や、出来るだけお金をかけないで写真撮影を楽しみたいって方にオススメですね。

 


それでは、説明などはこの辺りにしておいて、今回の主題について書いて行きたいと思います。

そもそも、一眼レフカメラのですので、撮り方次第では十分な性能を発揮して、とっても綺麗に撮る事が可能です。って思っています。

実際のところ、必要な機材と設定が出来れば以外と簡単に撮る事が出来るのです。例えばこんな感じに。

 

手持ちでもこんな感じで撮れるんです。
カメラスタンドとレリーズ(シャッターリモコン)で手ブレをなくしてシャッタースピードを遅くするとこんな感じで撮れますよ!
カメラスタンドとレリーズを付けて、更に広角レンズでこの通り!星空だって撮れるのです!

もちろんではあるのですが、始めの2枚以外はカメラスタンドに別のレンズを使っていますので、ダブルズームキットだけでは撮れません。

用途別に必要な物などは別途書いておきますので興味が有れば見てくださいね〜!

では、どんなタイミングで綺麗に撮れて、どの様な場面では上手く撮れないのか?を書いて行きます。

※そもそも素人なので、撮り方が下手なだけかも知れませんが、私なりに考えた内容を書いておきます。

綺麗に撮れる時

では、どんな時が綺麗に撮れるか?ですが、正直言って『天気の良い日』コレです。

なんで天気が良いと綺麗に撮れるのか?

もちろん、天気が悪ければ綺麗に撮れない?と言いますか、撮りにくいのです。

なんでなのか?詳しく。

答えはシャッタースピードとISO感度

一眼レフカメラを使っているとよく聞く内容の『シャッタースピード』と『ISO感度』。

シャッタースピードはなんとなくでも分かりやすいと思うのですが、要するに、

カシャ!って撮るのか?

カッーーーーシャ!って撮るのか?

この違いです。

設定によっては、結構どうにでもセット出来るのですが、手持ちで綺麗に撮るためには、出来るだけシャッタースピードは早い方が良いのです。

何故か?

シャッタースピードが遅く慣ればなるほど、『手ブレ』の心配が出てくるのです。

手ブレ=クッキリ撮れない。

少しでもブレると、線がクッキリしないためぼやけた感じに撮れてしまうのです。もちろんそれだけが原因では無いでしょうが、この手ブレはとっても大事。

基本的にカメラは明るければシャッタースピードが早く、暗くなればなるほどシャッタースピードが遅くなる。

遅くなるシャッタースピードを補うために、ISO感度を上げてシャッタースピードを速くしようとする。

って言う訳です。ISO感度は上げれば上げる程画質がザラザラ?になってしまい、クッキリした写真になってくれません。

その為、出来るだけ低い数値の感度で撮る事が望ましいのです。

でも、感度を低くすればシャッタースピードが遅くなる。

こうなってしまう訳です。

動かない対象物なら、カメラスタンドで回避可能です。ですが動いている対象物はそうもいきません。

コレが天気の良い日が綺麗に撮れる(撮りやすい)理由です。

回避する方法は?

では、どうすればこの様な状況を回避出来るか?って言うところですが、正直言ってメチャクチャ練習する?しか無いのかも知れません。

私には無理です(^_^;)

なにせ、手ブレさせない様にシャッターを押すなんてとてもとても。

出来る人は居るかも知れませんが、素人には無理な芸当です。

ここでどうするか?ですが、多分1番簡単な方法は、フルサイズカメラで明るく撮れるレンズを付け写真を撮る!

コレが1番簡単ですが、多分1番ハードルが高い(^_^;)なんと言っても金額がとんでもなく高い!

初心者でこんなカメラを持っている。なんてのはお金持ちの方だけです。私は無理なんです…

しかし、ここで諦めないで頂きたい!

フルサイズに明るいレンズとまではいきませんが、今の性能を凌駕する方法もあるのです。

それは何か?

明るいレンズを購入!

このNIKON『D5600』にも、明るいレンズはあるのです!

あるにはあるのですが、問題が…

単焦点レンズって奴なのです。

この単焦点レンズって言うのは、

『ズームが出来ないレンズ』

なのです。

ズームが出来ないので、自分が撮りたい様に近ずくか離れる必要があるのです。

しかも、撮れる範囲に応じて、レンズを揃える必要があるのです。

例えばこのキットレンズ。

18-55mmまでのズーム領域が有りますが、単焦点レンズって言うのは、この中でも例えばこの単焦点レンズ。

このレンズは35mm限定です。

自分が撮りたい範囲を目指して、近づいて行ったり離れてみたりと移動する事が必要です。

その代わり、レンズの明るさを示す数値が、

ズームレンズ18-55mm=f3.5-f5.6

に対して、

単焦点レンズ35mm =f1.8

になっています。この『f』が小さい数値ほど明るいレンズである事を示しており、単焦点レンズがかなり明るいって事が分かります。

要するに、

明るく撮れる=シャッタースピードが速い

て事に繋がりますし、レンズの内部構造も簡単なので精度も高い!

だから綺麗に撮れる!って訳です。

とは言え、ズームが効かない為、私的には綺麗に撮れても楽しく撮るのは難しい!って思います。

ですのでオススメは、まずはズームレンズで練習して、その内好きな画角(18mmとか35mmなど)を決めてから、単焦点レンズにも興味を持ってみる!

コレが良いと思いますよ?

ネット上には上手くなるなら単焦点レンズ!

って記事が良くありますが、私はそうは思いません。まずは写真を撮る事が好きになる事!コレが1番ではないでしょうか?

綺麗に撮る方法は、撮っていれば色々分かってきますので。

結論!

このカメラNIKON『D5600』のキットレンズで撮る場合は、出来る限り明るい事が綺麗に撮れるコツ?みたい。決して綺麗に撮れない訳ではないのですが、クッキリしっかり撮りたいなら、天気の良い日がオススメです!

それと、カメラスタンドや違うレンズを使う事で写真の幅は広がります。

まずは、写真を撮る事を好きになり色々試してみましょうね!

ブレない写真になるだけで、見栄えは圧倒的に変わります!ぜひぜひ参考にしてみて下さいね!

それではまたぁ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA