NIKONのカメラ『D5600』を買ったなら、オートで撮るだけじゃもったいない!シーン設定で更に綺麗に撮ってみよう!

こんにちは!takamintです!

今回は、NIKONのカメラ『D5600』だけじゃなく、一眼レフカメラを買ったなら、シーン設定で更に綺麗に撮ってみよう!って内容です!その時の気分で変えて一味違う写真を撮ってみましょう!

せっかく結構な金額を使って良いカメラを買ったのに、オート設定のみで写真を撮っていませんか?

私自身、昔は写真に興味があった訳では有りませんでしたので、カメラはもちろん安いヤツでしたし基本オート設定で撮っていました。

その頃は『コンパクトデジカメ』コンデジってヤツでしたから、シーンモードでって言ってもそこまで綺麗に撮れる感じも無かったですし。

結構お金に余裕が有れば買っていたかも?知れませんが(^_^;)

まぁ、そんな事は置いておきまして、最近では運動会や発表会などで使う為に、一眼レフカメラやミラーレスカメラを買った方もいると思います。

そんな中でも今回書いていく内容は、一眼レフカメラさえ買えば良い写真が撮れる!

って軽い感じで思っているあなた!

に見て頂きたい内容ですね〜!

それでは内容に入って行きたいと思います!


初めに言っておきたいのですが、もちろんオート設定で綺麗に撮れない訳では決して有りません。

ある意味ではオートにしておけば、それなりに撮れると思います。

しかし、それだけでは本当にもったいない!せっかくなので色々試してみましょうね!

そこで簡単な例をあげながら説明したいと思いますので是非試してみてくださいね!


まずはシーンについて簡単に説明します。

かなりざっくり言うと、マニュアルでの撮影が出来ればシーン設定で撮る必要は全く無いのですが、私程度のレベルではなかなか上手く設定を合わせる事が出来ません。

そこでかなり重宝するのがシーン設定。

特に良く使うのが、『風景モード』です。

この風景モードは簡単に言うと、そのまま風景を綺麗に撮るものですよね?

風景の撮影なので、ふんわりした写真ではなく、全体的にキリッとした撮影に使えます。

くっきり撮った場合。

少しだけ説明しますが、風景撮影の場合は基本絞りが結構絞られます。(f/11・f9などの数値)絞りの内容についてはこちら。

キリッと撮りたい時にはおススメです。

私も説明まではなかなか出来ませんので簡単に言うと、要はクッキリ撮れるってことです(^_^;)ザックリしすぎです申し訳ないです。

こちらも設定は風景です。

もちろん注意事項も有るのです。

中でも注意しなければいけない事。それは以下の通りです。

  • 暗い場所では不向き
  • シャッタースピードに注意する

この2点が注意です。

なんでかと言いますと、絞りを絞る事で光の取り込み量が減少します。

減少すると何でカバーするかと言いますと、シャッタースピードとISO感度です。

シャッタースピードはそのままゆっくりシャッターが切れるので、手ブレが発生しますし、ISO感度については上げすぎると画像が粗くなってしまいます。

NIKONの『D5600』はフルサイズカメラでは有りませんし、標準のレンズもそこまで明るく撮る事が出来ません。

室内や曇り空ではそこまでクッキリ撮る事が出来ないかも知れませんね(^_^;)

※解決するにはカメラスタンドで手ブレが起こらないようにするなどの対処が必要です。それだけではなく、マニュアルによる撮影も必要かも知れません。


次に良く使うのが、『スポーツモード』です。何に使うか?って言いますと、運動会はもちろん、動物園でも使います。

スポーツモードを簡単に説明しますと、分かるかも知れませんが、動きの速いものを撮りやすくする為に、シャッタースピードがかなり早めになります。

こんな感じ(´∀`)
こちらの写真は、キットレンズの望遠レンズを使用しています。

動きが素早い動物もクッキリぶれなく撮りやすくなるのでおススメ出来ますよ!

こちらについても注意点を挙げておきます。それがこちら。

  • 写真が暗くなりやすい。
  • ISO感度が上がり画質が悪くなる。
  • 室内は特に苦手。

こんなところでしょうか?

写真が暗くなりやすいのは、先程の風景とは違いますが、シャッタースピードを上げているのでどうしても少し暗いと性能が発揮されず暗い写真になってしまいます。

このスポーツモードは、天気のいい日がとっても使いやすいです。

こちらは極限までシャッタースピードを上げて撮ったものです。マニュアル設定ですが、シャッタースピードを上げて撮るとこんな事も出来るのです。

猛ダッシュで走っている子供などをブレなく時を止める事が可能です。

暗いとISO感度が上がり、画質が悪くなる事が有りますが、こればっかりは標準レンズやD5600の様なフルサイズでないカメラでは少々荷が重い撮影です(^_^;)

天気が良い昼間なら、なかなか良い勝負をするのではないでしょうか?

※フルサイズカメラを持っていないのでなんとも言えませんが(^_^;)


最後に最も使える設定だと思っているのが、トワイライト撮影。

トワイライト撮影とは?いわゆる朝日が昇る直前から夕日が沈んでいくタイミングのかなり幻想的な時間での撮影です。

日の出前の撮影。
手持ちです。

手持ちでこんな写真が撮れるので、初めて使った時にはかなり感動的でした。

マニュアルで撮る事で綺麗に撮れるのですが、やはり手持ちでもここまで撮れるのがとってもいい!夕日なども美しいコントラストで撮ってくれますよ!

空のコントラストと街の明かりがとても綺麗。
こちらはカメラスタンド+マニュアル設定で撮影したものです。

もちろん手持ちなので、ISO感度が大幅に上がり、シャッタースピードも比較的遅めですから、画質が良いとは言えませんが、十分なクオリティだと思いますよ?

もっと綺麗に撮るのなら、カメラスタンドやマニュアル設定での写真撮影を身に付ける必要があるでしょうね!


オススメの設定はこのくらいですかね!

3個しか挙げていませんが、この3つで大体カバー出来ますよ!もちろん他にも色々あるので、自分で試してみましょう!

写真を撮るのがどんどん楽しくなりますよ!

最後にどうしてても知っておいて欲しい事をお伝えします。

このNIKON『D5600』は、フルサイズカメラでは有りませんし、標準レンズはそこまで明るいレンズでは有りません。

その為、今回載せている写真は基本天気のいい日に撮ったものです。(トワイライト撮影は別ですけど。)

これが少し暗い場所で撮影する場合は、シャッタースピードが遅くなったり、ISO感度が上がってしまったりとなかなか思うようにいかない場合もあると思います。

そんな風にもっと綺麗に写真を撮りたい!って思うことがあれば、ぜひマニュアルでの撮影や、絞り優先などのモードで練習する事をお勧めします!

そうすると、なかなか上手くいかない時などマニュアル設定にして、解決出来るかも?知れませんよ!

それではオート設定だけでなく、色んなシーン設定で試してみて下さいね!

それではまたぁ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA