一眼レフで楽しく写真を撮るには単焦点レンズ?それとも高倍率ズームレンズ?自分なりに出た結論は?

こんにちはちは!takamintです!今回は一眼レフカメラの練習は単焦点レンズが良い!って良く聞くのですが、私なりに達した結論を書いて行きたいと思います!

さて、正直に言いますが、私は単焦点レンズを持っていないのです(^_^;)

そして結論から言いますと、高倍率ズームレンズの方が楽しい!です。

もちろん私はですが(^_^;)

それではその理由について書いて行きます。


まず使っているカメラは、NIKONの

『D5600』

NikonHPより

レンズはこちら!『AF-S DX NIKKOR 18-200mm F/3.5-5.6G ED VR Ⅱ』

キットレンズでは有りませんが、焦点距離18mmから200mmの幅をカバーするレンズです。

このカメラを購入した際は、18mm〜55mmのレンズと70mm〜300mmのレンズが付いた、ダブルズームキットを購入したのですが、使っているうちに現在のレンズに落ち着きました。


出典:NikonHPより
AF-P DX NIKKOR 70-300mm F/4.5-6.3G ED VR

決して先に述べた2種のレンズがうまく撮れない!とかそんな理由ではありませんが、18mm〜55mmでは少し距離が有ると、撮りたいものが少し小さかったりする事が有ります。

AF-P DX NIKKOR 70-300mm F/4.5-6.3G ED VR
AF-P DX NIKKOR 70-300mm F/4.5-6.3G ED VR

出典:NikonHPより
AF-P DX NIKKOR 18-55mm F/3.5-5.6G VR

また、70mm〜300mmでは、遠距離は良いのですがもちろん広範囲は撮りにくいってなってしまいます。

AF-P DX NIKKOR 18-55mm F/3.5-5.6G VR
AF-P DX NIKKOR 18-55mm F/3.5-5.6G VR

もちろんなのですが、一眼レフカメラやミラーレスカメラは交換用のレンズが有りますよね?

交換してしまえば広範囲の撮影でも、遠距離の撮影でも可能になります。

私自身も、今使用している高倍率レンズに出会う前は交換しながら写真を撮っていました。

しかし、初めは良かったのです。

でもその内なんと言いますか・・・

面倒になってきて(^_^;)

そのせいか、少しカメラを持ち出すのが面倒になってきたんです。

決してカメラやレンズが悪い訳では無いのです。

私が面倒くさがりなんです(´ω`)

とは言え、せっかく買ったしかもそれなりの値段がしたカメラを持ち出さないなんてなんと言ってももったいない!

その為なんとか持ち出してはレンズを替えて、写真撮ってレンズ替えて・・・

もちろん近所で写真を撮るならレンズ一本どちらか持って写真を撮る。近ければそんなに時間も気にならないのでレンズ交換も気になりません。

けれども少し遠方へ行き、しかも誰かと一緒。そんな時にレンズ交換が非常に申し訳ない気持ちになります。

写真を撮るのが好きな人同士であれば問題ないかも知れません。

相手も替えるのでいいでしょう。

それでもやっぱり私は早い方が良いのです。と言うより、一人の時はじっくり時間を掛けながら写真を撮ります。なのでレンズ交換も問題ないのです。

でも、実際用途として多いのは、じっくり撮るより『ここ撮りたい!』とか、『ボカしながら撮りたい!』って言う直ぐに撮りたい!って思う事が非常に多い。

AF-S DX NIKKOR 18-200mm F/3.5-5.6G ED VR Ⅱ(レタッチしてます)

もちろん、背景ボケを作ったり、クッキリ撮ったりと少し練習しないと難しいのかも知れませんが、練習はいつでも出来ます。

でもその瞬間は中々現れる事が有りません。

AF-S DX NIKKOR 18-200mm F/3.5-5.6G ED VR Ⅱ(レタッチしてます)

すごく幻想的な風景に出会った時、大きく撮りたい!って思っても、望遠レンズを付けていれば狭い範囲しかカメラに収める事が出来ないですし、逆に望遠側が撮れないレンズだったら、近ずく事が出来ない場所では役に立ちません。

そこで思うのです。

まずは撮りたいものを撮りたい時に綺麗に撮れるレンズ。

これを持つ事が写真が上手くなるよりも、写真を撮る事が好きになる第一歩なのではないでしょうか?


少し前に、カメラ屋さんにて単焦点レンズの明るいレンズでデモ撮影をしてみたのですが、ビックリするほど簡単に背景ボケをを作る事が出来ました。

もちろん、多少距離が有る場所でもピントの位置で背景ボケをつくる事出来ました。

正直言って、かなりビックリしましたよ(^_^;)

こんなに簡単に、しかも綺麗に撮れるものなんだ(*´Д`*)って。

でも、私的にはここが落とし穴。だと思います。

先程書いたことを思い出して下さい。

場面に応じて距離が変えられないのです。

自分が移動できる範囲なら問題なく、しかも綺麗に撮れるでしょう。

でも、私なら更に欲が出て、この焦点距離の単焦点レンズが欲しい!

って。

レンズの数が・・・

お金持ちならそれで良いでしょうけど、わたしゃ無理です(*´Д`*)

そこでやはりズームレンズが生きてきます。

好きな距離を、好きなように切り撮る!

ここが写真ってとっても楽しく撮れるんです(´ω`)

単焦点レンズを馬鹿にする気は一切ありませんし、後で書きますが実際に欲しいです。

しかし、上手くなるために単焦点レンズから購入って言うのはおススメ出来ません。

撮り方次第では、高倍率レンズでも色々な方法で撮れますし。

少し練習が必要なのかも知れませんが。

慣れてしまえば結構簡単に撮れるものです。

ズームレンズで撮影しながら、よく使っている焦点距離や撮る物。

自分なりに得意な被写体が決まってから、単焦点レンズを購入する事が私の中ではオススメです。

ズームレンズでそこそこ上手く取れるようになってから単焦点レンズを付けて撮影したら、劇的に綺麗に撮れるかも知れませんし(^_^;)

写真を綺麗に撮ると言っても、撮り方によって綺麗に撮る事も出来るでしょうし、良いカメラとレンズであっても、ずっとautoで撮っていては上手くならないと思います。

まずは写真撮影を楽しんで、自分の技術を上げてから良いカメラであったり、良いレンズを選んでも良いのではないでしょうか?

何事も楽しくなければ勿体無いですよ?

楽しければ、もっと綺麗に撮りたい!とかこんな感じに撮りたい!

って言うものが、ある程度撮れるようになるはずです!

そうすれば、きっと自分の『距離』や撮りたい『被写体』が決まってくると思います。

そこからは、単焦点レンズの出番かも?知れませんね(´ω`)

それでは楽しいく写真を撮りましょう!

ではぁ〜(´∀`)


NIKON『D5600』で撮る星空

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA