バッテリーにご用心!?冬山登山の注意点!『低山』

こんにちは(´∀`)takamintです!
今回は先日行ってまいりました冬山登山での出来事について書いて行きたいと思います!

先日登った山は、奈良県に有る『高見山』へ霧氷を見る為に行ってきたんです(´∀`)

高見山山頂にて

そこで起こった世にも恐ろしい現象を紹介して、注意してもらおうと思います!



さて何が?って事なんですが、タイトルに書いた通り、バッテリー異常が起こったんです(^_^;)

しかも今まで散々言っておきながら、今回の件で考え直さなければなりません。それは、携帯電話のバッテリーが、あっという間に無くなっていた!って事なんです!

正直焦りました(^_^;)アプリが使えなくて道に迷うとかではないのですが、愛用の
i phonがぶっ壊れたのかと(^_^;)

車で駐車場へ着く間、ずっと充電していたので、登り始めは100%だったはずなんですが、いつもの『山と高原地図』のアプリを使用して、山頂まで差し掛かった頃に、LINEでも送ろうか!って(この辺りの山頂は意外と繋がります)携帯を見たら、ロックが外れない!

外れないどころか、アップルマークが出てきては消えを繰り返す…頭真っ白です…

やっちまったよ!嫁様になんて言ったらいいか…って考えつつも、正気を取り戻してから頭の中をなんとか切り替えました!

しょうがない…とにかく謝ろう。って

と、私が嫁様になにを言われようが、全くこの話には関係ないのですが、取り敢えず。

しかし、正直思いましたよ。こんな事もあるんだって。もちろん予備のモバイルバッテリーを持っているので繋いでみます。

それでも少〜しだけ電池マークの赤いやつ(^_^;)が出てるような出ていないような。そんな感じです。しかし、このままでは起動しそうもないので、充電しないでほっときました(^_^;)

充電中に火が着くと怖いので(´∀`)

でもここで問題ですよね〜。正直今回登った高見山は、足の踏み跡もしっかりあって道迷い等の恐れはほとんどない状態です。

問題はこの山ではなく、例えば夜間行動の際などは問題大有りですよ。それと上級コースなど。

これは真剣に地図読みの練習が必要なのでは?って考えました。どうも苦手なんですが、今後の事を思えば、勉強しておくべきでしょう!

夜間は基本的に通った事の有る道や山を選んで行動するのですが、一応念には念を入れてアプリで確認しています。そんな時に充電落ちたら…(^_^;)

そもそも、なんで充電が異常なまでに減っていったのか?について確認しておきます。多分寒過ぎだったんじゃないかと。

聞いたことが有るんですが、スキー場で滑った後、連絡する為に携帯を取り出すと、今回の症状と同じ様に充電が無くなっていた。って言う話です。

もちろん寒いと充電の減りは早いって言うのは知っていますが、それにしても異常ですね。しかしほかに原因が見当たらないので、今回はそうであった!って事にしておきます。だってわかんないんですもん(^_^;

今冬どこかに行った時に、以下の方法を試してみます!

  • ホッカイロで暖めておく!

これです!寒い時には持っておいて損はないホッカイロです!名前合ってますかね?ともかくカイロで温めながら様子を見ようと思います!

ちょっと心配なのが、温度差で結露しないか?って事ですかね?どうなんでしょうか?完全に壊れたりして(^_^;)まぁ試したら、再度報告します!

しかし、どうも納得出来ない状況が有りまして…山頂付近で写真を撮って欲しいと頼まれまして、もちろん快諾しましたよ!っで、その人の携帯は問題なく使えてたんです。i phonではなかったんですけど。

まぁ私の携帯が古いだけならいいんです。
i phon 6sプラスですので、結構古い!それが原因ですかね?謎です。

とにかく、携帯が使えなくなる状況を想定に入れて行動が必要!な訳ですね!充電だけではなく、そもそも落として壊したりする可能性だって有りますし。

どっちにしても、地図読みの練習始めようと思います(´∀`)覚えておいて損はしませんし!機会があれば、記事にして行きますのでその時はまた宜しくお願い致しますね〜(´∀`)!

それではまたぁ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA