災害にも役に立つ!?登山装備!

こんにちは(´∀`)takamintです!今回は、災害時に役に立つのか、登山装備!っと言う事で始めましょう!

まず始めに、私自身は災害には幸いにも見舞われた事が有りませんので、本当に必要かどうか分かりません。

しかし持っていれば、この様に使えるのでは無いか?っと言う観点から書かせてもらいますね(´∀`)それでは参りましょう!



登山へ持ってくとしたらこんなところですかね!持って行き過ぎですかね(´∀`)?そうでもないですね。

それでは説明していきましょう!

登山靴

いきなりですが、なんで靴なの?って思われるでしょ?でも役に立つんですね〜!それは、

靴底が硬くて分厚い。
大抵の場合Gore-Tex(透湿性が非常に高い)

この二点ですね!靴底が非常に硬いので、地震など発生した後、現地は登山で言うガレ場以上の非常に危険な状態です。登山靴は靴底の中に芯となる板が入っており、釘などに対し効果を発揮する筈です。スニーカーでは刺さってしまいますからね!
次に透湿性が高い代表格のGore-Tex。この素材(コーティング)は、簡単い言うと水は通さないが水蒸気は通すって言う素材です。夏場はまだいいとして、冬場で有れば靴が濡れ中までビショビショってかなり冷たく、体温も気力も奪われてしまいます。そうならない様にGore-Texの様な素材が力を発揮するんですね!

価格:23,328円
(2017/11/10 21:01時点)
感想(0件)

ザック(リュック)

ザックはもちろん大きさにもよりますが、30L〜50Lが多いですかね?ちなみ私は30Lと50Lを持っていますが、山頂でパーティなんて時には50Lで、写真メインの時は30L位で登ります。
話が逸れましたが、基本は荷物を出来るだけ楽に運ぶ事を目的に作られていますので、タウンユースの物とは比べまでもありません。キチンとベルトで重量を分散すれば、必要品を問題なく持っていける筈ですよ!避難の際、20kg位迄の子供なら、大型ザックで運べるのではないかとさえ思えます^^;試してないので無理かも知れませんが。ともかく、基本エマージェンシーグッズは問題なく入ると思いますよ!

価格:20,412円
(2017/11/10 21:05時点)
感想(0件)

レジャーシート

物によるのですが、私が愛用しているのは、ロゴスのレジャーシートです。メチャ薄い割に意外と頑丈です。いつもは自分が座るのではなく、荷物置きがメインですが。緊急時はもちろん違う用途です。このシート、水弾きは結構なものです。しかもシートなのでデカイ。家族様の簡易雨宿りシートへ早変わりです。急な雨ならカッパより使い勝手が良いかも知れません。また、防風性もありしかも軽い。これは役立つ事間違い無しです。

価格:2,592円
(2017/11/10 21:09時点)
感想(0件)

エマージェンシーシート

保温・防水・防風を兼ね備えた、緊急シートです。これがあれば緊急の寒さ対策はバッチリです。1人でなく2人などで包まれば、更に体温で暖まり、威力を発揮出来るでしょう!

価格:1,188円
(2017/11/10 21:11時点)
感想(0件)

レインジャケット

大雨・台風などの場合、基本着て避難する事になると思います。透湿性がある為、汗をかいた後気化した水蒸気がジャケットの外に逃げるので不快感を和らげます。速乾性のインナーなどと併用すると効果を発揮できます。

価格:22,680円
(2017/11/10 21:13時点)
感想(0件)

ガスバーナーセット

無くても良いんです。でも有ると非常に便利だと思います。次のケトル(ヤカン)との併用でもちろんお湯が沸かせます。
固形スープやコーヒーのスティックタイプの物など有れば、温かいものが緊急時に食べられる、飲める。こういった事だけで緊張や不安を和らげてくれる筈です。

価格:3,178円
(2017/11/10 21:17時点)
感想(0件)

ケトル(ヤカン)

登山様なので、大変軽いです。私が持っているもので、900mlのお湯が沸かせられます。カップヌードル1杯とコーヒー1杯問題なく作る事が出来ます。私が持っているバーナーでおよそ3〜4分位でお湯が沸くのではないでしょうか。

価格:2,117円
(2017/11/10 21:22時点)
感想(0件)

アルファ化米

良く防災グッズの中に有りますね。正直登山ではよほど時間がある時に限り食べます。結構時間が掛かるのです^^;早いものも有りますが。水でも出来るのですが、こちらもお湯の方が間違いなく早く、美味しく出来上がります。

価格:3,579円
(2017/11/10 21:26時点)
感想(3206件)

備蓄水(500mlペットボトル)

基本私は、登山では水を飲みます。夏場の熱中症対策としてスポーツ飲料を持って行きますが、それ以外は水だけです。何故500mlのペットボトルなのかと言うと、少量の方が開封しないで使い回しが効くからです。切り傷等に使用する際、開封していないものの方が、安心です。

価格:2,298円
(2017/11/10 21:27時点)
感想(737件)

近くに置いておく事で効果を発揮出来ますよね。登山では遭難時に自分の存在を知らせる為に携帯します。ザックに付いている事が多いですが、災害の場合、特に地震で万一倒壊などによる、行動不能事態に有れば力を発揮する事でしょう。

価格:618円
(2017/11/10 21:28時点)
感想(200件)

熊避けベル

ベルについても笛と同じだと思って下さい。行動不能事態に有れば力を発揮できるでしょう。
それなりの山へ行かれる方なら大抵持っておられます。

価格:1,685円
(2017/11/10 21:37時点)
感想(0件)

着替え類一式(インナーなどなど)

登山では、山頂などに着き汗冷えを防ぐ目的ですが、災害の時にも同じ様に汗又は雨などに濡れた際、出来れば着替えて寒さから体を守る為に着替えると、体力の消耗を防いでくれるでしょう。

価格:1,200円
(2017/11/10 21:38時点)
感想(1件)

長期保存可能な非常食(カロリーメイトなど)

山では万一遭難した際に食べられる非常食を少なからず持っていきます。飴などでも良いと思いますが、かさばらずカロリーも高いものであり、更には長期保存が可能なもの。で有れば何でも良いのでは無いでしょうか?保存期間が過ぎそうになれば食べれば良いのです。そして新しい物に変える。それで十分です。非常食も行動不能事態になった時、かなり長い間栄養を摂る事が出来ると思います。

価格:145円
(2017/11/10 21:39時点)
感想(131件)

言う具合に、珍しく、かなり真面目に書いてみました。あくまでも私が思うところの、登山装備は災害に役立つか?という事ですので、参考迄にして下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA